UFC79 ヴァンダレイ・シウバ判定負け

UFC79 ヴァンダレイ・シウバ判定負け

Last updated 2008年03月22日11時39分

002.jpg



記事元


アーカイブ


リデル×シウバ 魂の一戦!GSP暫定王者に!

12月29日(現地時間/土)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・イベントセンターで『UFC79 NEMESIS』が開催された。

UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦、マット・ヒューズvsジョルジュ・サンピエール(以下、GSP)に、UFC PPVでは“6年間、待ち焦がれた一戦”として紹介された、チャック・リデルvsヴァンダレイ・シウバの2大カードを筆頭に全10試合が行われた。

世界中のMMAファンが注目した、リデルとシウバの一戦は、3Rを通して壮絶な殴り合いが展開。最後は2Rにスタンドでの左ヒジ打ちでシウバの右目を切り裂き、優勢に試合を進めたリデルが判定で勝利。ピークを過ぎたと言われる両者の対戦だったが、蓋を開けてみれば、一進一退の死闘、ファイティングスピリットが拳にのり移った魂の一戦となった。

メインイベントで行われたヒューズvsGSPでは、2R4分54秒、GSPがアームロックから腕ひしぎ十字固めと巧みに移行し、完勝。敗れたヒューズは、「言い訳は出来ない。120パーセントの体調で、最高の仕上がり、最高のチームで準備をしてきた。ジョージ(ジョルジュ)は、僕より良いファイターだ。ダナと話し合うよ」と話し、引退を示唆した。

また、UFC初参戦となったソクジュは、リョートに完敗。最後は肩固めでの一本負け。PPVオープニングファイトでは、メルヴィン・ギラードと、ウェルター級とライト級を行き来する職人リッチ・クレメンティが対戦。クレメンティはギラードをチョークスリーパーで退けると、試合後のインタビューで、「オクタゴンから出て行け!」と発言。ギラードに屈辱的な一言を浴びせた。その他、全試合結果、詳細レポートは下記の通りとなる。

▼第1試合 ライト級/5分3R
○マーク・ボセック vs ドゥーグ・エヴァンス×
 3R終了 判定

▼第2試合 ウェルター級/5分3R
○ホアン・カルネイロ vs トニー・デソウザ×
 2R3分33秒 TKO

▼第3試合 ミドル級/5分3R
×ジョーダン・ラデフ vs ディーン・リスター○
 3R終了 判定

▼第4試合 ライト級/5分3R
×ネート・モー vs マニー・ガンバーリャン○
 1R1分31秒 アキレス腱固め

▼第5試合 ライトヘビー級/5分3R
×ルイス・カーン vs ジェームス・アーヴィン○
 1R1分51秒 反則

▼第6試合 ライト級/5分3R
×メルヴィン・ギラード vs リッチ・クレメンティ○
 1R4分40秒 チョークスリーパー

▼第7試合 ライトヘビー級/5分3R
○リョート・マチダ vs ソクジュ×
 2R4分20秒 肩固め

▼第8試合 ヘビー級/5分3R
×ソア・パラレイ vs エディ・サンチェス○
 3R3分24秒 TKO

▼第9試合 ライトヘビー級/5分3R
○チャック・リデル vs ヴァンダレイ・シウバ×
 3R終了 判定

▼第10試合 UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦/5分5R
×マット・ヒューズ vs ジョルジュ・サンピエール○
 2R4分54秒 腕ひしぎ十字固め


http://mmafightvideos.blogspot.com/
このサイトにUFC79の動画がほとんど上がってます(すぐに消される可能性あり)

PRIDE出身の選手は中々UFCに勝てませんね。
逆にUFC上がりの選手はPRIDEでよくかってました。(コールマン グッドリッジ ヘンダーソン ドンフライ)
ルールが違うのでやりにくいと思いますが、UFCで勝手ほしいですね
シウバは全盛期過ぎてしまった感じですね。

2007年12月31日 | カテゴリ: 芸能ニュース |

関連記事

この記事のURL:

最新記事


前の記事(old)メッセサンオー、エロゲ購入者の個人情報がネット上で流出中!
次の記事(new)子供手当支給開始!なんと1億円以上貰う養子縁組までいることが判明!