南アフリカに134歳の女性が生存していた

南アフリカに134歳の女性が生存していた

105.jpg



南アフリカに134歳の女性が生存?孫が29人、ひ孫は59人!

これが本当であれば、間違いなく “世界一の長寿” と呼ぶべき、南アフリカ共和国の奥地に家族とともに暮らすある女性。超高齢だが、歌まで披露する元気な姿を米『CNN』が取材し公開した。


その村ではすでに神秘的な存在となっている、クークー・モルークーさん。あまりの高齢ですでに視力を失っているが、よく冗談を飛ばし、村のよきアドバイザーでもあるという。歌まで歌うその様子について、米『CNN』の取材の様子がYouTubeにもアップされた。

その映像では、クークーさんの出生が1874年7月4日生まれであるという証明書をも見ることができるが、果たして正式な証明書として効力があるかどうかは疑問が残るという。

しかし、この映像で紹介されたクークーさんがかなり長寿であることは間違いなく、子供らの中で現在生きている娘らはいずれも90歳代、全員は映っていないが孫が29人、ひ孫が59人いるという数字に驚かざるを得ない。

興味深いのは、彼女がヘルシーな食事を特に好んで長生きしたのではないことである。好きな食べ物は、ほうれん草、肉、甘いもの、コカ・コーラだといい、この取材でもマシュマロを頬張る。そのようなことより神を信じ、両親を尊敬することが幸福と長寿の秘訣だと語っている。


http://jp.youtube.com/watch?v=4BBdbTtxjas



記事元
http://japan.techinsight.jp/2008/10/yokote2008102709480.html


凄いですね!
顔が半分枯れているという表現が当てはまるでしょうか?
目とか見えてなさそうだけど映像を見る限りみえてるっぽいですね。

2008年10月31日 | カテゴリ: 海外ニュース |

関連記事

この記事のURL:

最新記事


前の記事(old)メッセサンオー、エロゲ購入者の個人情報がネット上で流出中!
次の記事(new)子供手当支給開始!なんと1億円以上貰う養子縁組までいることが判明!